HOME  >  新着情報一覧  >  研究室から  >  廣松渉研究室から

廣松渉研究室から

廣松渉研究室から

廣松渉氏は1994年4月河合文化教育研究所の主任研究員に就任しましたが、その直後逝去されました。

文教研では氏をお迎えするために用意していた「廣松渉研究室」をそのまま保存し、研究室の一角には、『廣松渉著作集』をはじめとする著作などが保管されています。

2017年3月まで遺稿や残された膨大なメモ等も保管されていましたが、
その遺稿等は東大柏図書館に移送され、今後はそこで整理保管されることになりました。

移送にあたり、河合文化教育研究所から出版されている『廣松渉 マルクスと哲学を語る-単行本未収録講演集』(2010年)の編者である小林昌人さん(マルクス研究家)に資料の整理をお願いしました。資料整理は丸一年にもおよびました。


去る、2019年5月26日、「廣松渉没後25年記念ミニシンポジウム」が
下記の内容で実施されました。

 

その際小林昌人さんによってコメントされている

「廣松渉遺稿・ノートの整理作業」について
ご本人の手による「廣松渉遺稿目録」を掲載いたします。

◆「廣松渉」のページをご覧ください。→
http://bunkyoken.kawai-juku.ac.jp/researcher/hiromatsu.html



◆廣松渉没後25年記念ミニシンポ
張一兵「フーコーへ帰れ」出版記念講演会

5月26日(日)午後1時から5時

中央大学駿河台記念館

○コメント

小林昌人

 「廣松渉の思想」(渡辺恭彦 著)をめぐって。
  廣松渉遺稿・ノートの整理作業の報告。

リプライ 渡辺恭彦(奈良女子大非常勤講師)

挨拶 廣松邦子・菅原秀宣

講演 張一兵

主催 情況出版